ホーム > 企業法務

企業法務

「経営的に苦しくなってきた。倒産するべきなのか迷っているのですが……」

「経営的に苦しくなってきた。
  破産するべきなのか
    迷っているのですが・・・・」


顧客の未払いや社内の人員整理から破産・再生まで,会社経営における企業の悩みを法律の専門家としてサポートします。

多くの人員や取引先,また金額が動くだけに,何か問題が起こった時の対処はもちろん,トラブルを未然に防ぐための予防措置として,法的な準備をしておくことをおすすめします。

破産・再生について

倒産・再生について

会社の経営が傾き始めた時点で行う手続きは以下の内容です。
いずれの場合もできるだけ早めに弁護士に相談いただくことをおすすめします。


■民事再生
事業主が経営権,財産管理処分権を失わずに,債権者の同意を得て再建を図る手続きを進めていくことをいいます。

■任意整理
裁判所などの公的機関を介さず,事業主と債権者が話し合いのうえで債務の減額や利息のカットなどの返済策を決め,和解をすすめていくことをいいます。

■破産
事業主と債権者との間で和解ができず,あるいは,返済の見込みが立たない場合は破産手続きを行い,会社を清算する方向ですすめていきます。
弁護士に相談するメリットは?

会社が存続できるか否かは,債権者との話し合いがとても重要です。
弁護士が入ることでスムーズな話し合いができ,債権者の協力を得られることが期待できます。

■取引先に対して
取引先に対してのご相談で多いのが,家賃などの「未払い金」の問題です。
これに関しても弁護士が入ることによって,スムーズな返済を促すことができます。

家賃の未払いに対してはどう対応するのか?

賃貸借契約がある場合は,契約者に対して家賃を請求する権利は当然あります。
しかし返済が期待できないと判断できる場合は,退去を命じることができます。
その場合,すぐに退去というのは現実には難しい場合が多く,その間は入居されている状態が続くので,早めに措置を取ることが重要です。

アクセス


大きな地図で見る住所
福岡県北九州市
小倉北区田町12-15
大明ビル3F
営業時間
平日 9:00~17:00
定休日
土日祝

お問い合わせ 詳しくはこちら