ホーム > 交通事故

交通事故

「交通事故に遭ったのですが、保険会社が出してきた示談金に納得できない!」 「交通事故に遭ったのですが、保険会社が出してきた示談金に納得できない!」

当事務所では,被害者・加害者に関わらず,「交通事故」の賠償に関するご相談も多くいただいております。特に交通事故で支払われる賠償金額の問題が多いのが現状です。

当事務所は,依頼主様にとって満足のいく解決ができるよう,全力でサポートいたします。

保険会社に任せるだけでなく、弁護士に依頼するメリットは?
交通事故に遭った場合,多くの加害者の方は保険会社に任せる場合が多いと思います。そこに弁護士が介入することで,被害者が受け取れる賠償金額が増えるケースは多くあります。

加害者が負う「損害賠償責任」の種類

■民事責任
交通事故の加害者は,被害者に負わせた損害に対し,適切な賠償しなくてはなりません。
一般的な交通事故ではこの民事責任のみを負うことが多く,民法や自動車損害賠償保障法に基づいて定められます。

■刑事責任
交通事故の加害者に犯罪の要素がある場合には,懲役刑や禁固刑,罰金刑などが科せられることがあります。

■行政責任
事故を起こした者が公安委員会などから,運転免許の取り消しや停止などの処分を受けることがあります。

損害賠償の内容

損害賠償の内容

交通事故によって生じた損害に対して,被害者への賠償内容は以下のとおりです。

  • 治療費(通院,入院に関わらず治療にかかった費用の賠償)
  • 物的損害(車の破損などの賠償)
  • 休業損害(交通事故によって会社を休むなどした場合の給与の賠償)
  • 入院・通院にかかった交通費
  • 後遺障害に関するもの

交通事故の後に長期に渡って残る障害についての賠償で,主なものに慰謝料と逸失利益(後遺障害によって労働能力が低下したと認められる場合に,そこから割り出される損害を賠償するもの)があります。

示談交渉について

示談交渉について

示談交渉とは,交通事故が起こった際,被害者と加害者の双方が事故の賠償について話し合うことをいいます。一般的には保険会社を通して行われることが多いのが現状です。

示談の成立が難しい場合は?

例えば,保険会社が提示してきた賠償の内容に対して,被害者側が疑問を感じた場合,特に交通事故によって後遺障害が生じた場合には,賠償の金額は後遺障害の「等級」によって大きく変動します。この判断が難しく,しばしば示談成立の妨げになることが多くあります。

このような場合は弁護士に相談すると,納得できる解決に近づくことが期待できます。

アクセス


大きな地図で見る住所
福岡県北九州市
小倉北区田町12-15
大明ビル3F
営業時間
平日 9:00~17:00
定休日
土日祝

お問い合わせ 詳しくはこちら